パスポートの住所変更

引っ越しをするといろいろと転居の手続きが面倒ですよね。

住所変更が必要なものとそうでないものといろいろあり、どの手続が必要で、どの手続が必要ないかというのも知っておかなくてはいけませんね。

例えばパスポートなんかも転居の手続きが必要なのではないかと思いますよね。

しかし、意外なことにパスポートは転居による住所変更というのは必要がありません。

パスポートで変更申請が必要となるのは結婚などで姓が変わった時や、本籍の都道府県に変更があった場合になります。

引っ越しをして住所が変わった場合には、自分で最後のページの所持人記入欄を訂正すれば問題ありません。

修正は二重線や修正テープ、修正インクなどで旧住所を消して、新しい住所を自書で記入すれば良いのです。

入国審査などでこの所持人記入欄をチェックする等ということはないので、逆に言うとこの部分の住所は特に訂正しなくても何か不都合があるということもありません。

もし紛失してしまった場合などに誰かが拾ったら所持人記入欄の住所を見て届けてくれるかもしれないという程度のものです。

公的な住所の証明などではないので、運転免許証などのように、住所の証明としては使うことはできません。

引越し一括見積もりで最適な価格とサービスを比較してみましょう

代表的なギャグ