住んでいる部屋の清掃

引越しをする前にやるべきことはたくさんありますが、住んでいる部屋の清掃というのも重要な項目ではないかと思います。

引越しをする時というのは新居の事ばかり考えがちではありますが、立つ鳥跡を濁さずという言葉もありますから、今住んでいる部屋をきっちり整理して引越すことも大事です。

住んでいる部屋の清掃をするというのはそれまでの部屋への感謝の意味もありますし、敷金の返還というお金の部分にも大きく関わってきます。

住んでいる部屋の清掃をせず汚いままで引越しをしてしまうと、清掃費用としてとられなくてもよいお金を取られる場合もあります。

敷金を少しでも取り返すためには隅々までキッチリきれいにしておくことが大切ですね。

もちろん清掃をするのは引越し作業をした後にもやる必要があります。

作業でホコリがたったりゴミが出たりもしますからね。
また、引越し作業が終わって掃除をキレイにやった後もやるべきことはあります。

例えば水道やガスの元栓をしっかりと閉め、電気のブレーカーを落とし、最後にカギを締めて、大家さんや不動産会社にカギを返却しましょう。

こういったことをしっかりやっておくことで印象も良くなりますから、それが直接敷金に響くかどうかまではわかりませんが、やっておいた方が良いのは間違いないですよね。

引越し一括見積もりで最適な価格とサービスを比較してみましょう

代表的なギャグ